脱毛前の禁止事項について

全身脱毛前の禁止事項について

全身脱毛を行う場合、脱毛前には、いくつかの禁止事項があります。その事を守っていかないと、当日、脱毛を行う事が出来ない場合もある為、必ず、守る必要があります。

 

日焼けをしない

脱毛サロンで脱毛を行う場合、一般的に光脱毛になってきます。この光脱毛においては、黒いものに反応し、脱毛を行う仕組みになっている為、基本、日焼けした肌への施術は出来ないようになっています。その為、脱毛を行う前は、日焼けに十分に注意しておく事が大切になってきます。

 

シェービングは、前日までに

脱毛を行う際に自宅でシェービングを済ませてくるように言われるかと思います。その際、ギリギリにシェービングをした方が良いかと思う判断は、間違いです。

 

光脱毛などの場合、毛の長さは、1~2ミリぐらいが良いと言われている事から、シェービングは、施術の前日までに行っておく事が最適になってきます。

 

特に肌が弱い人の場合、シェービングのよって傷んでしまった肌に脱毛を行う事が出来ない場合もある為、肌の回復を見込んで3日から5日まえまでにシェービングを済ませておく事をお勧めします。

 

制汗剤の使用

特に暑い夏場に脱毛サロンに行く際、ついつい、いつもの癖で制汗剤を使用してしまう人もいるかと思います。

 

この制汗剤には、肌に刺激を与える可能性もある為、基本的に脱毛サロンに行く際は、制汗剤の使用は避けるべきだと言われています。

 

 

制汗剤の場合、スプレーから汗ふきシートまで様々ですが、どのようなものにおいても、使用は避ける必要があります。

 

予防接種

意外と知らない人が多いのが、予防接種についてです。大人でもインフルエンザなどの予防接種を受ける人は多いかと思います。その際は、施術前の10日ほど前までに済ませておくようにする事が必要です。

 

その為、予防接種の予約と脱毛サロンの予約の間を考え、両者を予約しておく事が必要になってきます。

 

まとめ

以上のように、脱毛前には、いくつかの禁止事項があり、場合によっては、当日、施術を断られてしまう事も考えられる為、必ず、守るようにする事が大切です。